Blog

学校紹介 LAB(Language Across Boarders)

ロケーション

・バンクーバー
・モントリオール

どんな学校?

LABは世界90ヵ国以上から学生が集まり、国際色豊かな老舗学校です。バンクーバーのダウンタウンからは電車で15分ほどの駅を降りてすぐ(徒歩1分)の便利な立地にあります。広々とした敷地と自然や緑の多い場所に位置し、周囲の環境も本場のカナディアンの日常を垣間見ることができる環境にあり、のびのびとしたキャンパスライフを送ることができます。

こんな人にオススメ!

  1. アクティブに楽しみながら勉強したい
  2. 会話力重視
  3. 本格的なカレッジの雰囲気を味わいたい

LABの学校の雰囲気はフレンドリーで、毎日のゲームやイベントの時間が設けられていたり、毎週金曜は丸一日、授業の中にアクティビティが組み込まれており、料理レッスン、スポーツ、さらに近郊の観光スポットへの週末旅行など、様々なプランが用意されています。(コロナの状況により変更・中止がある可能性はあります)

机に座っての勉強だけでなく、アクティビティの中で楽しみながら積極的に自然な会話をしていくよう促していきます。また授業の中ではスピーキングや発音を重視しながら、総合的な英語力を伸ばすことができます。

また、美術やアート系で有名な私立のラサールカレッジの中に併設されており、現地カナディアン学生に混ざって本格的なカレッジの雰囲気を味わうことができます。学校の中には卒業生が就職してから制作した有名な映画のデザインジャケット(これなんて言うのか?)が廊下やホールのいたるところに飾ってあります。(私が訪ねた時はスターウォーズのジャケットも見つけました!)

ユニークな特徴

  • 学費が無料になるチャンス:毎月MVPの生徒が表彰され、その生徒は学費が無料になるなど、生徒の学習意欲を向上させるようなシステムとなっています。
  • ホストスチューデント制度:入学したばかりで不安な新入生ひとりひとりに、先に入った多国籍の生徒がついて分からない事などフォローしてくれます。
  • マグカップがもらえる?!:入学すると、無料のコーヒーやお茶を生徒が飲めるように、一人ひとりにマグカップが割り当てられ、みんなキッチンに「自分専用」のマグカップが常においておけます。(コロナで中止の期間もあり。またカップは卒業の時には持ち帰れません)

時間割

フルタイムとパートタイム、その中間と学生の目的に合わせてコースが選べ、一人一人が最大限に効率よく学べるようにプログラムが作られています。

– Part-time (8am -12am or 1pm – 4pm) : 15 hours/週
– Semi-Intensive (9am – 2:30pm) : 21 hours/週
– Full-time Intensive (9am – 4pm) : 30 hours/週

クラス

会話重視の校風で、クラスは12段階にも分かれており、毎週レベルアップのチャンスもあります。(時期により多少変更あり) また会話中心でありながらも、文法やリーディング、ライティングなど、総合的な英語力アップを図っている。 

選べるコース3つ

・General English (レベル1~12)
・Academic English (レベル2~12)
・IELTS Preparation (レベル8~12)

General Englishは通常の語学コースで、スピーキングを中心として、週ごとに決まっているトピックに関連するボキャブラリーや会話を学習していきます。

Academicは主に大学やカレッジに進学するために、アカデミックな内容の文章を理解することを目的として学習をしていきます。

IELTSは、その名の通り、IELTS対策。テストで良いスコアを出すためのコツを教えてもらうことができます。

お得なプロモーションはエンジョイカナダのホームページからお問い合わせください。

Naoko

益田奈央子(ますだなおこ)プロフィール 日本大手金融秘書を長年務めていたが、「海外」を30代で決断。会社を辞めて5年前に渡航。短期語学留学中にバンクーバーに魅了され移住を決意。Douglas College卒業後、ポスグラを取り現在移民を目指して奮闘中!30代からカナダでキャリアを目指す人達自身の経験を元に親身にサポート!

お問い合わせ