カナダの無料留学エージェント – エンジョイカナダ

留学前から、留学のことならなんでもご相談ください

EnjoyCanadaのサービス

カナダの留学レポート

Enjoy Canadaのサービス

留学前サポート

ワーホリ / 学生ビザ

学校探し、手続き

留学費用

イベント

メンバーシップ

ホームステイ / シェアハウス

カナダの無料留学エージェント – 経験豊富なスタッフが留学前の渡航準備から現地での留学生活までトータルサポート

カナダで多文化を学び、外国人の友達を作り、カナダでしかできない経験を身に付けよう!

カナダ政府公認のビザコンサルタントが、現地で学生・ワークビザや移民申請もサポート!

ブログ

実際カナダに留学されたお客様の体験談、カナダの最新情報や弊社で企画しているイベント情報などをアップデートしています。

「大学を休学し、カナダへ留学を決めた理由」

日本の大学を休学し、2022年2月~2023年3月までカナダへコープ留学で渡航。現在はSELC Career Collegeでコーププログラムを受講し、デジタルマーケティングについて学んでる。バンクーバーに来てまだ間もないKurumiさんに「大学を休学し、カナダへコープ留学を決めた理由」と「現地で感じたリアルについて」をインタビュー! なぜカナダを選んだのですか? バンクーバーへのフライト前の成田空港での写真 私は元々、大学の交換留学制度を使って大学2年次はオランダ、3年次はカナダのUBCに留学しようとしていました。すでに校内選考も通過していたのですが、コロナウイルスの影響で2年連続中止になってしまいました。 コロナ収束の見通しが立っていなかったこともあり、大学生活の中での大きな目標であった留学は諦め、3年次の夏には就活も始めていました。しかし、就活をする中で自分自身と向き合う時間が増え、「やっぱり留学に行きたい、このまま卒業したくない」という気持ちが強く芽生えました。 そこで就活は一旦辞め、出来るだけ費用を抑え、コロナ禍でも渡航可能な留学プログラムを探したところ、カナダのコープ留学プログラムを見つけました。留学を通して語学力向上+αで経験を積みたいと考えていた私にとって、コープ留学は最適なプログラムでした。 なので、どちらかというと私は国で選んだというよりプログラムで選びました! なぜ休学留学を選んだのですか? 私が元々、大学の交換留学制度を利用し留学をしたいと計画していた理由は、交換留学だとレベルの高い協定校が充実しており、留年せずに大学を卒業することができるからです。ですが、交換留学を希望していた何より1番の理由は費用が抑えられるからでした。基本的に大学の交換留学プログラムは、日本の大学に学費を納めていれば、留学先の学校に学費を支払う必要はありません。 就活を辞め、留学をすると決断したときが3年次の夏頃だったので、4年次秋出発の交換留学プログラムを待つという選択肢もありました。ですが、4年次秋出発のプログラムで1年渡航すると帰国が5年次夏になってしまいます。そのため自動的に半年留年することになってしまい、追加で留年分の学費を支払わなければいけません。また大学のプログラムは、コロナによる渡航制限が厳しかったりと不確定要素が多くあったため、確実に渡航可能な私費留学でのコーププログラムを選びました。 また、私が休学留学を選んだもう一つの大きな理由に、日本の新卒制度を捨てたくなかったことがあります。日本では就職活動をする際に「新卒であるかどうか」が大きなポイントとなります。私は留学後、日本に戻って就活したいと考えていたため「新卒カード」を保持したまま留学をすることができる休学留学を選びました。 留学する前に心がけたことはありますか? 大学2年次に交換留学に出願する際、IELTSのスコアが必要だったので、その際にカレッジの入学要件であるIELTSのスコアは取得していました。カレッジに通う前に語学学校を付けると、帰国後の就活に間に合わなくなってしまう可能性があったので、私は語学学校は付けず、直接カレッジに入学しました。 私は留学前に出来る限り英語力を伸ばして渡航したい!と考えていたのですが...、留学費用を全額自費で出してきたこともあり、正直渡航前は英語の勉強よりもアルバイトに比重が寄ってしまっていました...(汗)  渡航前ひたすらアルバイトをしていた、毎日の私の1日スケジュール(笑) 留学を決めてから渡航まであまり時間がなかったこともあり、短期間で生活費を稼ぐために、ほとんど毎日アルバイトに励み3か月で100万円ほど貯めました。ですがそんな生活のせいで、渡航前にした英語の勉強は、毎日少しの英単語暗記・暇なときにポッドキャストを聞く・2か月間のオンライン英会話くらいです...(汗)そのため英語力はあまり伸ばすことが出来ないまま渡航しました。 私が反面教師としてみなさんにお伝えしたいのですが、渡航前に一番大切なことは出来る限り英語力を上げて現地に渡航することです...! コープ留学は英語を学ぶのではなく、英語を使って他の学問を学ぶプログラムです。バンクーバーは日本人も比較的多いエリアなので、確かに英語力がなくても現地での生活はなんとかなります。ですが、出来る限り英語力を付けてから渡航したほうが確実に授業が身になりますし、現地での生活の面での苦労も減ります。 もちろんお金も大切なので、余裕を持った留学計画が大切とも言えます! 日本にいた時のことを教えてください。 出身は神奈川で、東京の私立大学に通っています。4年次を休学して来ているので、帰国後は4年生になり、24卒で就活をして卒業予定です。 大学で学んでいることは、国際経営でビジネスの基礎などをグローバル規模で学んでいます。 大学2年次からはコロナのパンデミックが始まった影響で、授業は全てオンラインになり、交換留学も中止になってしまいました。留学が中止になった時はとても落ち込みましたが、落ち込んでいるだけでは何も環境は変わらないと思い、時間が出来たことをプラスに捉え、リモートで働くことのできるアパレルブランドのマーケティングインターンを始めました。 インターンでは、SNS全般の運用・WEBサイト運営・広告作成・イベントアシスタントなど様々な業務を経験し、学生のうちに実際の企業で実務経験を詰めたことは自分自身の大きな成長に繋がりました。 日本のスターバックスでの写真 また、大学入学時から渡航前までの3年間スターバックスでアルバイトをしていました。カナダでもその経験を買ってもらえ、今月からカナダのスターバックスでアルバイトをしています!まだ始めたばかりでとても大変ですが、毎日刺激的な日々を過ごしています。 実際に留学してみて クラスメートと一緒にホッケーの試合を見に行った時の写真... read more →

Duolingoと IELTS 徹底比較!

日本で有名な英語力検定といえばTOEICですよね。実はTOEICは海外ではあまり利用されていないイメージです。今回は英語圏での留学や仕事探しで非常に有効な英語検定として有名なIELTSとDuolingoについてご紹介いたします。 Duolingoについて 値段;$49USD(1ドル115円換算で税込み約6200円)所要時間;1時間テスト形式;オンライン Duolingoの特徴 Duolingoのテストの特徴は「便利・迅速・手頃」。24時間いつでもどこでも受験することができ、テスト結果は48時間以内に返却されます。また、他の一般的なテストでは出題形式が4技能(Reading, Writing, Listening, Speaking)で別れていることが多いですが、DuolingoはAIが受験者に合わせて問題内容を調節し、テスト形式も複合形式としてリスニングやライティングの問題が交互に出されます。英語は基本的にアメリカ英語なので日本人には取り組みやすいです。 ただDuolingoは完全オンライン授業なので実際に会場に出向いてできず、テストを受ける環境をしっかりと作る必要があります。またAIにより毎度出題されるテストの難易度も変わるため、傾向や対策がしづらく点数が伸びにくい一面もあります。新しくできた英語力検定なのでIELTSと比べるとまだ提携校が少ないのも注意ポイントです。 ☆Duolingoが提携しているバンクーバーの学校 Vancouver Film SchoolColumbia College VancouverVancouver Island UniversityRED Academy VancouverVancouver Community College (Domestic Admission)Vancouver Community College (International Student Admission) Duolingoの受験が向いている人 英語力検定にまだ慣れていない人、初めて受ける人行きたい学校にDuolingoが提携している人実際に会場に行かず好きな場所でリラックスしながら受験したい人... read more →

カナダの小学校はどんな感じ?

近頃、条件が揃えば子供の学費が無償化できる「親子留学」の人気に火が付いてきております。ただカナダの小学校は日本のそれとは大きく異なります。今回は親子留学を考えられている方にぜひ知っていただきたい、バンクーバーをはじめとするBC州の小学校情報をおまとめいたしました。 BC州の教育システム 日本ではもちろん、小学校6年間、中学校3年間、高校3年間となりますよね。そして義務教育は中学校まで。バンクーバーのあるBC州はそこから異なります。BC州ではエレメンタリースクールとセカンダリースクールの2つにしか分けられません。また日本のように1年生、2年生という数え方はせず、グレード1からグレード12と数えます。学区によって異なりますが、親子留学で人気のバーナビー学区ではキンダー(幼稚園)から7年生(日本の中学1年生)までの8年間がエレメンタリースクール、8年生から12年生までの5年間がセカンダリースクールとなります。さらに義務教育はグレード12までです(17歳相当)。なので「日本では中学1年生のはずなのに、カナダにいったら小学生!?」なんてこともありうるのです(笑) 小学校では送り迎えが必須? 日本の小学校では、集団登下校にて子供たちだけで通学をすることが一般的ですよね。カナダでは12歳までの子供は、親御さんが車や徒歩で送り迎えをしなくてはなりません。カナダの小学校は8:45から15:00までが一般的ですのでその時間に合わせて仕事や学校を調節する必要があります。 小学校はとにかく自由!? カナダの小学校はとても自由です。ランドセルや制服などもちろんなく、髪型や服装にまで指定がありません。小学生で髪を染めたりピアスをすることも自由です。日本ならありえませんよね。また移民の多い国だけあり、先生も生徒も国際色が非常に豊かです。クラスも2学年が一緒となることも普通なので、人種、年齢、服装や髪型の異なる人たちと過ごすことになります。また規制も日本に比べるとかなり緩いです。スマホやお菓子の持ち込みも規制がなく授業中でもスマホで調べものをしたり、休憩時間にお菓子を食べることもできるそうです。そしてなんといっても夏休みに宿題がありません。夏休み、思いっきり遊ぶことも大事ですよね。 毎月やってくる「Pro D Day」 カナダの小学校には毎月Pro D Dayという日が設定されます。これはProfessional Development Dayの略で学校の先生が授業の準備や研修を行うことで教育の質・授業の質を高めていこうというものだそうです。この日は生徒さんはお休みとなりますのPro D Dayがいつになるかチェックする必要があります。 カナダの小学校には給食がない 上記のように、カナダの小学校には給食はありませんので親御さんがお弁当を用意しなくてはなりません。また休み時間で食べるためにお菓子も持ち込みができます。ランチタイムについても、日本での給食タイムのような先生と一緒に「いただきます」をしてから一斉に食べ始めるのとは違い、自分達で勝手に食べ始めます。ランチタイムはなんと先生が教室にいません。 今回は、カナダの小学校についてご紹介しました。弊社でも、親子留学を多数サポートさせていただいているので、興味のある方は弊社ホームページよりお問い合わせください。 ではまた!

カナダで高度な専門技術を身に付ける

あなたに合ったキャリアプログラムを紹介します