カナダの無料留学エージェント – エンジョイカナダ

留学前から、留学のことならなんでもご相談ください

EnjoyCanadaのサービス

カナダの留学レポート

Enjoy Canadaのサービス

留学前サポート

ワーホリ / 学生ビザ

学校探し、手続き

留学費用

イベント

メンバーシップ

ホームステイ / シェアハウス

旅行サポート

カナダの無料留学エージェント – 経験豊富なスタッフが留学前の渡航準備から現地での留学生活までトータルサポート

カナダで多文化を学び、外国人の友達を作り、カナダでしかできない経験を身に付けよう!

カナダ政府公認のビザコンサルタントが、現地で学生・ワークビザや移民申請もサポート!

ブログ

実際カナダに留学されたお客様の体験談、カナダの最新情報や弊社で企画しているイベント情報などをアップデートしています。

college students

ダグラスカレッジの魅力

今回はバンクーバーの名門カレッジ、ダグラスカレッジ【Douglas College】についてご紹介します! 学費を半額に抑えながらカナダの大学に進学したい方や現地就職を目指したい方にお勧めなカレッジの一つになっているので、ぜひ最後までご精読ください♪ 即戦力につながる知識を学べる ダグラスカレッジでは実践的な知識の教育に力を入れており、フィールドワークや実験(ラボ)などの実習がたくさんカリキュラムに含まれています。コーププログラムも提供しているコースもたくさんあったり、学生の就職活動を支援するためのワークショップも数多く開催しているなど、卒業後の就職をサポートする体制が整っています。(コーププログラムの詳細はこちら)また、ダグラスカレッジはカナダ政府認定【Designated Learning Institutions】のカレッジなので、2年以上のプログラムを受講すると最大で3年間の就労ビザを申請することができます!(ポスグラについて詳しく知りたい方はこちら)企業側からのサポート要らずにでこれだけ長い就労ビザを保持していることは就職活動をする上でも大きなメリットにあるので、カナダでの就職や永住権の取得を目指している方にはとてもオススメです! 大学への編入がしやすい UBCやSFU、U of Tなどの名門校を含む90校以上もの大学と提携しており、大学編入コースもたくさん用意されているなど、大学への編入希望者をサポートする体制がきちんと整えられています。大学に直接入学せずにカレッジから編入すると、下記の2つのメリットがあります! 学費の節約ができる! 実際にダグラスカレッジとUBC(ブリティッシュコロンビア大学)の1年間の学費を比較してみると、ダグラスの学費が約$18,000(約160万円)なのに対し、UBCは約$39,000~45,000(約350万円〜400万円)程度かかります!つまり、ダグラスの学費はUBCのほぼ半額なのです!(場合によっては半額以上!!)なので、4年間の大学生活の半分をカレッジで過ごすだけで約400万円も節約できてしまうかもしれないのです!!授業内容自体は大学でもカレッジでも同じなので、大学同等の授業を受けながら節約ができるということになります! 大学よりも少人数クラスで受講できる! また、ダグラスでは1クラス約30〜35人程度の規模で受講できるのに対し、大学になると約200〜500人もの人が教室にいます。なので、カレッジの方が一人一人に教授の目が行き届きやすく、且つ、手を挙げての発言がしやすかったりプレゼンテーションなどのクラス内発表で緊張しすぎないで済むなど、授業に参加しやすいなどの良さがあります。 カナダ人に加えて世界各国からも学生が集まっている ダグラスは、学生の85%をカナディアンが占めるものの、留学生も4000人以上とたくさん在学している、多国籍なカレッジです。なので、留学生に対するサポートも充実しており、クラスメイトや教授も留学生への理解がある方が多い印象です。留学生のネットワークに入ることのメリットは、ビザ問題や住むところ、現地での就職などの外国人だからこそ分かち合える悩みの相談や最新情報の入手ができるところです。他にもホームシックなどの精神面での悩みも共感し合えたりなど、同じ立場にいる仲間だからこそお互いを助け合うことができる良さがあります。 プログラム数が多い ダグラスカレッジでは、プログラム数の合計が100を超えるほど、様々なニーズに合わせたたくさんのプログラムを開講しています。学士(バチェラー)、専門士(ディプロマ)の取得を目指す学生のみならず、先ほど説明した大学編入を目指す方々に向けたコースから、専門知識を短期間で学びたい人向けのコースなどバラエティーに富んだプログラムが提供されています。留学生に向けたプログラムもたくさん提供されているのも特徴です。中でも、幅広い職業で知識を活かせるビジネス系の学部は卒業後の現地就職を狙っている留学生の間で人気な学部になっています。(留学生用プログラム一覧) まとめ いかがでしたでしょうか。ダグラスカレッジはバンクーバーでも名の知れたカレッジなだけあり授業の難易度も高めですが、卒業する頃には英語力も鍛え上げられ、カナダ人にも引けを取らない教養が身に付くこと間違い無しです!なので、現地就職や永住権の取得を目指している方々にはとてもお勧めしたいカレッジの一つです。また、UBCやSFUなどのBC州の名門大学に学費を抑えながら行きたい!という方にも大学への編入に強いダグラスカレッジはすごくお勧めです。さらに細かい情報や質問等がございましたら、下記のお問い合わせフォームからお気軽にお声掛けください!

語学学校以外での英語上達方法!

こんにちは。突然ですが、皆さんはどのように英語の勉強をしていますか。最近では、技術が進歩して、わざわざ語学学校に通わなくても、英語を学習する機会はいくらでもありますよね。私自身も2年の長期留学を通して、現地でできるさまざまな英語学習の方法を試してきました。今回はそんな私が「これはとても効果的だ」と感じた英語学習方法を3つ紹介したいと思います。 この記事は 効果的な英語の学習方法が知りたい留学先で英語を話せるようになるために何をしたらいいか分からない英語を話せるようになるためのの具体的なステップを知りたい 上記に当てはまる方たち向けの内容になっています。 ぜひ参考にしてみてください。 文字で学ぶ まず、英語学習の最初のステップは文字で学ぶことです。 具体的には単語帳を使ったり、洋書を読むことを指します。何を学ぶ上でも最初に基本を抑えることは大切です。特に、英語は日本語と比べ、表現方法がたくさんあるわけではないので、基本の単語さえ把握しておけば、ネイティブとも普通に会話することができます。英語での会話する機会を徐々に増やしていけば耳も英語に慣れるので(後述しています。)、まずはよく会話で使われる基本単語を単語帳などで暗記してしまいましょう。また、単語を徐々に覚えてきたら、洋書を読み、文法を理解しましょう。最初のうちは分からない単語もたくさんあると思うので、シンプルな洋書を読むことをおすすめします。 私のおすすめは「Who moved my cheese」というビジネスに関する本です。興味があったらぜひ読んでみてください。 動画や音楽で学ぶ 動画や音楽で学ぶメリットは実際に会話で使える英語をインプットすることができるという点です。洋画や洋楽では実際にネイティブが使っている英語の使いまわしがたくさん出てきます。なので、ある程度英語のボキャブラリーが増えてきたら、海外の音楽やドラマ、映画などで実際に使われている英語の使い方や音に慣れていくようにしましょう。 また、動画や音楽で学ぶ際に気を付けるべきポイントもいくつかあるので書き出してみます。  映画・ドラマで学ぶ上でのポイント 始めのうちは字幕を付ける(可能であれば英語と日本語の2か国語)簡単な英語が使われている作品を選ぶ自分が好きな作品を選ぶ慣れてきたら字幕ではなく、「音」に注意を向ける(字幕を見ない) 音楽で学ぶ上でのポイント 好きなアーティスト、曲をいくつか決める1つの曲を何度も聞く流し聞きでもいいので習慣づける 上記が私が考える気を付けるべきポイントです。 ネイティブな英語に慣れるためにも、動画や音楽での学習を続けることが大切です。 暇なときは家で海外の映画やドラマ、移動中は好きな洋楽を聞き続ける習慣をつけましょう。 会話で学ぶ 使える英語を学ぶためには実際に英語で人と会話をするのが一番効果的です。 といっても、学校以外で現地の友達を作るのは難しいと感じる方もいるかもしれません。 そんな方のためにネイティブな人たちと仲良くなる方法をいくつか書いてみます。 趣味、特技で友達を作る語学交換で友達を作る1対1の環境を作る 1つずつ解説します。 趣味、特技で友達を作る ネイティブからしたら、私たちは英語を教わる側です。発音の仕方から文法の使い方、スラングの使い方まで、相手との会話から学びます。つまり、会話をしていて面白い、学びがあるなどの付加価値が私たちに無いと対等な関係ではないのです。... read more →

最近大注目の親子留学! 子供の学費が無料になる留学方法を解説

一緒に留学。親子留学が人気! いま、親子留学が大人気です! 一人で見知らぬカナダに降り立ち、ドキドキしながら学校初日。そんな留学も良いものですが、親子で一緒に来てしまうというのも一つの手です。(小学生 (1年生から7年生) は、そもそも親も渡航して生徒と一緒に住む必要があります。一人で留学できるのは高校生 (8年生から12年生) です。) 高校生なら一人で留学可能。それなのに、わざわざ親子でカナダに来る利点とは? 学費が無料に!? 最大の利点は、なんと言っても子供の学費を無料にできること! その条件はいくつかありますが、基本的には「親が学校に通うこと」です。 とは言いつつも、どの学校に通っても、子供を無償で学校に行かせられるわけではありません。語学学校の場合は公立の語学学校に通うのが基本。つまり、公立大学やカレッジ付属の語学学校に通うこととなります。また、一部私立大学やカレッジ付属の語学学校でも可能なところがあります。また、語学学校に通って子供を無性にできるのは最大で1年まで。 語学学校の次はカレッジや大学に通っても、子供を無償で通わせることが可能になります。 例えば、最初の1年を語学学校で、次の2年をカレッジに通うと、3年は子供を無償で学校に通わせることができますね。さらに、政府指定のカレッジに2年通えば、卒業後に3年分のワークビザがもらえます。働いている間にも子供の学費は無償にできますので、さらに長い時間子供を学校に通わせられます。 一人の学費で親子で学べる 親が学校に行き、子供が無償で学校に通えるということは、一人分の学費で、親子で学べてしまうということです。これはかなりお得ですね。 さらに子供が2人以上いるのであれば、2人が留学生として学ぶよりも、圧倒的にお得な留学プランなんです。 留学生との違いは? 生徒が留学生として授業料を払って渡航することももちろん可能です。でも、無償化で通うこととの違いは、授業料以外に何かあるのでしょうか? いつでも入学可能 留学生であれば、基本的には9月入学か、学校によっては2月の入学も可能となりますが、無償化で通う場合には、現地人と同じ扱いになるので、いつでも入学が可能です。 学区が決められている 無償化で通う場合には、住んでいる住所によって決められている学区ごとの学校に通う必要があります。そのため、家選びの際には住所と学区をきちんと調べる必要があります。1本の道なのに、こちら側とあちら側で違う学区という場合があるためです。 一方、留学生であれば、好きな学校に出願ができて、本来の学区とは違う場所でのホームステイという場合もあります。 カナダに来てから入学手続き 学費を払う留学生であれば、日本にいるうちに出願して、入学許可を貰い、ホームステイも決まり、いざ渡航という形となります。しかし、無償化での通学は、あくまでも現地人と同じ扱いになりますので、カナダに到着してから (カナダ到着時に親子のビザが取得できてから) の手続きとなりますので、学校に通えるのは申し込んでからだいたい1〜2週間後ぐらいとなります。 お家の契約 無償化で学校に手続きをする際には、長期 (1年)... read more →

カナダで高度な専門技術を身に付ける

あなたに合ったキャリアプログラムを紹介します