カナダで親子留学中のこうじさんの留学体験談|エンジョイカナダ

今回は、カナダで親子留学中の「こうじさん」に密着しました。

こうじさんは親子留学としてカナダのバンクーバーに渡航し、10年以上滞在しているベテランです。そんな「こうじさん」のカナダでの生活や、お仕事について、親子で留学に来て感じたことなどについて記事にしました。親子留学を検討中の方はぜひ最後まで読んでみてください!

どちらにお住まいですか?

バンクーバーの東側の隣、「Burnaby(バーナビー)」というところのまた端っこ、「Lougheed(ローヒード)」という場所に住んでいます。10年間住んでいるので、ホーム感がありとっても住みやすいです。10年のうちにびっくりしたことは、住み始めた時はSkyTrain(電車)が通っていなかったのですが、住んでいるうちに目の前で建設されたことや、周りにハイライズ(タワーマンション)がとっても増えたことです。この10年で街がどんどん変わっていくところを見てきました。ここのエリアだけでなく、バンクーバー周辺などの郊外もどんどんと変わっていて、カナダが一番発展していくこの10年の中で生活できたことは、僕の中で面白かったです。

渡航前と後でのギャップはありますか?

渡航前に視察に来ていたりもしたので、大きなギャップはなかったです。便利に都会になっていく一面もありますけど、自然豊かで、自然と共存している部分は変わらないと感じます。特にBurnaby(バーナビー)は森の中に街があるような感じですね。僕はBurnaby(バーナビー)に住めたことは非常に良かったと思います。

ただ悪い面もあると思っていて、人口増加に対してインフラが追いついていないと感じます。特に物価の上昇。日本から来るとびっくりするかと思います。

実際の生活費は日本と比較してどのくらい変わった?

すごく分かりやすくいうと、「東京の港区と同じ」と思うと良いと思います。それが今のバンクーバーの平均なんじゃないかと思いますね。もっと言ったらNew YorkやSan Franciscoとかのアメリカは更に高いので、そこと比較したらそこまで高くないですけどね。逆に言えば日本という国とその他の国との差が出て来てしまっているところも見ないといけないところだと思います。生活費や食費はどうしても日本よりはかかりますね。逆に日本は安すぎる。給料が上がらないところも問題視しないといけないと思いますしね。

カナダでどんなお仕事をされているのですか?

僕自身はフリーでパラレルワークスタイルでお仕事をしています。日本の仕事を継続できているものもあれば、カナダでいただけているお仕事など、本当に色々な種類のお仕事をさせてもらっています。日本でもコロナを機にリモートが一般的になってきた(Zoomミーティングなども当たり前になってきた)ので、やりやすくなりましたね。

英語面での苦労はありましたか?

僕自身はカナダでいただくお仕事でも、日本向けのサービスのお仕事が多いので、英語を必ずしも使わなければならないような状況はあまりありません。日常生活で困らない程度の英語力で十分な状況ですね。完全英語環境でカナダの会社で働くとなると、大変さはかなり変わってくるとは思いますけど、それはそれで自分のスキルのプラスになると思いますね。

カナダのバンクーバー(バーナビー)がおすすめな理由

旅が好きで世界40か国以上に行ったことがあるのですが、色々な国やその国での教育について興味があったので調べていく中で、カナダは子育てにベストだと思っています。これは世界の中でもトップだと思いますね。治安面、安全面、多国籍な面でも住みやすさを感じます。特に多国籍という面で言うと、アジア人も多く差別が少なく、多様性も認められている上で、「グローバル」が感じられるのはバンクーバーしかないと思いますね。

親子留学に来て良かった点

日本がこれから変わらないといけないことって、これからもいっぱいあると思うんですね。今まで後ろ倒しにしてきているだけなので。「子供たちが世界で活躍してほしい」「世界で仕事ができるようになってほしい」などと思っている親御さんは多いと思うので、日本から出て生き抜く力をつけたいと思っている方には、一回でも良いから世界に出て見て、日本を外から見ることが大事だと思いますね。

親子留学をサポートするエージェントについて

日本にあるエージェントと現地にあるエージェントの二タイプあると思うのですが、すごく大事なことは「現地に行ってから」なんですよね。通う学校を検討するときも、現地の環境のことを知っている人たちに聞かないと意味がないと思うんです。親子留学で一番大事なポイントは「経験談」や「実際に現地にいる人の話」だと思うので、そういう意味では現地のエージェントさんに不安ごとを色々聞くことが大事になってくると思います。

カナダに親子留学をしたい方へのメッセージ

僕も10年前に5歳と8歳の子供を連れてきて、幸いにも大きなトラブルもなく生活できています。その上で、正しい情報や良いことだけでなく悪いところも教えてくれる人の話を聞くことがとても大事だと思います。また親子留学は、子供にとっても、とても大きなことだと思いますが、同時に子育てしている親にとっても、凄く大事な時間なんですよね。初めての場所で子供と一緒に何年か過ごす。親も初めての海外生活の場合は、親も1年生と言う形になるので、そこで得た経験は、将来とても大きな財産になると思います。親子でそのような経験をするチャンスって、なかなか巡ってこないと思うので、1年であっても2年であっても3年であっても、来れる時にぜひ一歩踏み出してほしいと思いますね。

最後に

今回は「こうじさん」のカナダでの生活や、お仕事、親子で留学に来て感じたことなどについて記事にしました、いかがでしたでしょうか?

近年は、カナダに親子留学する方々が増えてきています。

興味のある方は、ぜひ検討してみてください!

エンジョイカナダでは、カナダ生活全般のことについて、何でもご相談をお受けしております。

カナダ政府公認のビザコンサルタントも在籍しており、学生ビザ・ワークビザから移民申請までサポートしております。下記お問い合わせより、お気軽にご相談ください^^

hinako

新卒で入社した会社を3年で辞め、カナダのバンクーバーでコープ留学中のひなこです。 現在は学校に通いながら、日本のWeb制作のお仕事やカナダのデジマのお仕事をしています。 【Twitter:@hinako_97】

関連記事

お問い合わせ