日本人の少ないカナダのチリワックで留学|エンジョイカナダ

カナダ・バンクーバーの中心地から車で約1時間ほどの「チリワック」という街に留学をしてみませんか?この街にはいくつかの小学校・中学校・高校が存在しているため、親子留学として子供を学校に通わせることを検討している親御さんにもおすすめな留学場所の一つです。自然豊かで過ごしやすく、日本人も少ないので英語の勉強に最適な場所とも言えます。

今回は、そんなチリワックにある留学プログラムについて詳しく説明していきます。

チリワック教育委員会とは?

チリワック教育委員会は、カナダの「チリワック」という街にいくつかの学校を所有しています。区分は、G1〜G5までの小学校(エレメンタリースクール)、G6〜G8までの中学校(ミドルスクール)、G9〜G12までの高校(セカンダリースクール)で分かれています。

今回は高校について詳細に説明していきます。

セメスター制

チリワックに留学生が通える高校は4校あり、そのうちの3校はセメスター制をとっています。セメスター制とは前期と後期で学ぶ内容が分かれている制度のことです。それぞれの学期で4教科ずつ学びます。前期だけor後期だけでも単位が取れるため、1学期だけ留学したい人にもおすすめです。入学可能な時期は1年に2回あります。

リニア制

セメスター制の反対は「リニア制」になります。4校のうち1校はこの制度を適用しており、1年間かけて8教科を学ぶことになります。この学校は生徒数が300人で小規模(一般的には1,000人前後)です。従来の学校スタイルではなく、数学と理科が混ざった授業内容だったり、1限英語、2限数学などと型にはまっておらず、いろんな科目をミックスして学んでいくため、想像力が豊かな人におすすめです。成績も、試験の結果のみならず、プロジェクトを通して評価されます。特にアートに強く、音楽や映画制作、カリナリー(調理師になるためのコース)、映画や演劇、ダンス、フォトグラフィーなどの授業が開講されております。

求められる英語力は?

全ての学校にELLプログラムがあります。ELLとは、「English Language Learner」の略で、第二言語として英語を学んでいる生徒のことを指します。カナダの高校に留学している留学生が、現地の生徒と一緒に学ぶ上で必要な英語力を準備できるように提供されているプログラムが「ELLプログラム」になります。

👇詳しくはこちら 

実際、学校の約98%がローカルの生徒で、現地の人が圧倒的に多いです。また留学生は約18カ国から集まっており、多国籍と言えます。そんな中で授業についていけるように、ELLプログラムでしっかりと英語を学んでから実際の高校に通う生徒は多くいます。

カナダ人と肩を並べて勉強するので求められる英語力は高いですが、高校入学後に準備ができる環境が整っているのでご安心ください。また、学校には留学生サポーターもいるので安心して学校生活を過ごすこともできます。

まとめ

チリワックは、田舎すぎず都会すぎないため、環境的に保護者の方も安心できる地域です。また、バンクーバーのダウンタウンまでも車で約1時間と好立地なので、週末や休暇期間中に遊ぶ場所の面でも困りません。

チリワックの学校に通うことで、留学生たちは新たな文化や言語に触れながら、有意義な学びと貴重な経験を積むことができます。留学に興味のある方は、ぜひ下記よりエンジョイカナダにご相談ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました^ ^

hinako

新卒で入社した会社を3年で辞め、カナダのバンクーバーでコープ留学中のひなこです。 現在は学校に通いながら、日本のWeb制作のお仕事やカナダのデジマのお仕事をしています。 【Twitter:@hinako_97】

関連記事

お問い合わせ